Dubbing Wiki
Advertisement
ファイル:The Super Mario Bros. Movie (2023) poster.png

スーパーマリオブラザーズムービーは、任天堂のマリオビデオゲームフランチャイズに基づいた2023年のアメリカのコンピュータアニメーションアドベンチャーコメディ映画です。 ユニバーサル・ピクチャーズ、イルミネーション、任天堂が製作、ユニバーサルが配給し、アーロン・ホーバスとマイケル・ジェレニックが監督し、マシュー・フォーゲルが脚本を書いた。 アンサンブルの声のキャストには、クリス・プラット、アニャ・テイラー=ジョイ、チャーリー・デイ、ジャック・ブラック、キーガン=マイケル・キー、セス・ローゲン、フレッド・アーミセンが含まれます。 イタリア系アメリカ人の配管工、マリオとルイージの兄弟が別世界に転送され、ピーチ姫率いるキノコ王国とクッパ率いるクッパの戦いに巻き込まれるという起源の物語が描かれています。

実写映画『スーパーマリオブラザーズ』(1993年)が批評的かつ商業的に失敗した後、任天堂は映画化のために自社の知的財産をライセンス供与することに消極的になった。 マリオの生みの親である宮本茂氏は、バーチャルコンソールサービスの開発中に別の映画の開発に興味を持ちました。 任天堂がユニバーサル・パークス&リゾーツと協力してスーパー・ニンテンドー・ワールドを制作したことを通じて、イルミネーションのCEOであるクリス・メレダンドリ氏と面会した。 2016年までにマリオ映画について話し合いが行われ、2018年1月に任天堂はイルミネーションとユニバーサルと共同でマリオ映画を製作すると発表した。 2020年までに製作が進められ、2021年9月にキャストが発表された。

『スーパーマリオブラザーズ』映画は2023年4月5日に米国で公開されたが、批評家からは賛否両論あった。 この作品は商業的に大成功を収め、全世界で13億4,700万ドルの興行収入をあげ、アニメーション映画としては世界最大の公開週末記録や、ビデオゲームを原作とした映画としては最高の興行収入を記録するなど、複数の興行記録を樹立した。 また、2023年に最も興行収入を上げた映画、アニメーション映画としては3番目、そして史上15番目に興行収入を上げた映画となった。

Characters[]

Image Characters Seiyū
Characters
Mario from The Super Mario Bros. Movie (2023) Mario Mamoru Miyano
Luigi from The Super Mario Bros. Movie (2023) Luigi Junichi Suwabe
Princess Peach from The Super Mario Bros. Movie (2023) Princess Peach Kiyono Yasuno
Bowser from The Super Mario Bros. Movie (2023) Bowser Kenta Miyake
Toad from The Super Mario Bros. Movie (2023) Toad Tomokazu Seki
Donkey Kong from The Super Mario Bros. Movie (2023) Donkey Kong Takehito Koyasu
Kamek from The Super Mario Bros. Movie (2023) Kamek Kazuyuki Okitsu
ファイル:The Penguin King from The Super Mario Bros. Movie (2023).png The Penguin King Masaya Matsukaze
ファイル:Lumalee from The Super Mario Bros. Movie (2023).png Lumalee Ai Fairouz
Yellow Toad from The Super Mario Bros. Movie (2023) Yellow Toad Rie Tanaka
Advertisement